野生の花

​いのちの再生に向けたパートナーシップの実現

看護師は、患者に話します

訪問看護は初めて…
知らない人が家にやってくることを歓迎する人はいません。
私たちはそんなところから
ご利用者様と共感したいと思っています。

安心して豊かな在宅療養生活を送るために、
​まずはお電話でご相談ください。

 

つらい時こそ支え合うパートナーの存在を作り出すことで、その人がその人らしさを取り戻す…。

​そんなお手伝いを、

私たちにさせてください。

訪問看護ステーションペイフォワード​

~ペイフォワード、それは、幸せの恩送り~

今日のありがとうを、

いつか未来の誰かへ、ありがとうを贈る

 

事業所の方も、ご利用希望のご家族も、

​まずはご連絡ください。

​042-702-9133

かかりつけ
医師との連絡と密接な連携

​042-702-9133

​療養生活に
おける必要な
サービスの
ご紹介
入院・退院のご相談
​外泊のご相談
野生の花
野生の花

サービス内容

​健康状態の
観察と助言
水彩画鳥2
人工肛門、
胃ろうの管理
清潔ケア
排泄のケア
​食生活のケア
在宅リハビリテーション
図8.jpg
図9.jpg
図7.jpg
図6.jpg
図4.jpg
図5.jpg

Contact Us

神奈川県相模原市南区相模大野5丁目


Mail

送信ありがとうございました

水彩鳥1
サービス申込・相談フォーム

ありがとうございました。後ほど、担当からご連絡いたします。

図3.jpg
終末期の看護
精神・心理的悩みのご相談
シニア患者


 訪問看護師さん
​ 募集再開しました!

ご利用者さまと一緒に考え、

ご家族と一緒に悩み、

​ひとつの家族を支えていく、

​尊い見守り

一つひとつの経験はあなたの人生のともし火となり
一人ひとりとの出会いはあなたの人生を変える力になる
​それが、訪問看護ステーション ペイフォワードで
あなたに体感してほしいこと

​入職時期、扶養内などご相談ください!

 

​ちょうど紙もペンも持ち合わせていなくて、またお元気そうに見えるその方から予想もしない言葉に、驚きと緊張を感じました。そして、書き損じてはならないと思って、自分のシステム手帳を取りに出直すことを告げると、その方は、「いいよ。待ってるよ。」とほほえんでくれました。

​ところがその夜にその方は急変し、私はこの方の遺言を受け取ることができなかったのです…。病の床にある方との時間は、その一瞬一瞬が最後の瞬間かもしれない、という自覚を欠く、看護師としても人間としても、未熟な私自身を痛感させられました。その方の死後、私はその方の死亡申立人をさせていただきながら、今もなお、失われた遺言を探し続けているのです…。

 

看護は、自分の目で見て、耳で聴いて、手で触れて、感じたことを、それまでの経験と合わせて判断し、察知した異常の兆候を次のアクションにつなげます。訪問看護はこれを在宅で行っていくもので、いくつか注意することは違っても、病院などで充分な経験さえあれば、恐れすぎる必要はないように思います。むしろ、恐れすぎることで、訪問看護の世界に入らないことは、自分の人生を変えるような出会いを自ら逃してしまっている…、これはとても残念なことだと思います。

 

病気はその人の一部であり人生です。そして在宅もその人の人生の生活の場であるとともに人生の一部です。

そんな生活の場で、看護師の私たちの関わりを待っている人たちは今日もどこかに居らっしゃいます。

​そしてそこには、そんな方達と人生の一部を共有することでたどり着くことのできる看護の世界が待っています。

葛藤があって当然だと思います。でも、葛藤はあなたにはなりたい自分があるということだと私は信じます。

だれひとり、独りにはしません。

訪問看護ステーション ペイフォワードは、そんな皆様のために存在し続けていきます。

​           株式会社ペイフォワード

代表取締役 大島 綾子

 

S0650005588_0030.jpg

大島 綾子
看護師/行政書士
旧国立病院付属看護専門学校卒業
中央大学通信教育部卒業学士取得
株式会社ペイフォワード代表取締役
訪問看護ステーションペイフォワード管理者


「いのちの再生に向けたパートナーシップの実現」を
信念に、つらい時こそ支え合うパートナーの存在を作出することで、もう一度その人がその人らしさを取り戻す
ことをお手伝いしたいと考え、今日に至る。

HORIZON_0001_BURST20210805132303574_COVER_edited.jpg

      初めまして。25年以上看護師で働い

      てきました。そのほとんどはERや手

      術室で、まさに走り続けていた病院  

      看護生活だったと思います。ある節目を境に、とあるホスピスのお仕事を頂戴する機会がありました。この期間は決して長いものではありませんでしたが、そこでの経験は、これまでの病院では遭遇しえない、奥深く、看護師としてというよりも、人間として考えさせられる時間だったと思います。

なかでも、がんの終末期にあったおひとりのご利用者様との出会いは忘れられないものとなり、今の私を作ってくれたともいえるでしょう。その一方で、この方との出会いは、私にとって看護師人生最大の失敗に直面することにもなりました。

 

私はある入居の方から遺言を頼まれていました。ホスピスとはいえ、なかなか「遺言」を口にできる方は少ないのですが、その方は奥様が亡くなられた後、身辺整理をあらかた終えて覚悟をされた入居だったのだと思います。

まだ一人でトイレへ行くことでき、食事もとれていたその方を訪問するスタッフは少なく、定期的に訪問する私は、この方にとって特別なスタッフだったのかもしれません。ある時、この方の点滴を刺した後、大好きなコーンスープを作って持っていくと、「これからいうことをメモしてほしい。あなたに死ぬ前にお願いしたいことがある」と言われました。

 

幸せな家族

​失敗は成功の秘訣…

​訪問看護は人生のスイッチ

漫画の動物
漫画の犬

葛藤は、
あなたになりたい自分があるということ…

​代表からのメッセージ

​2023年

1月、2月

入職希望

ご相談下さい